カタツのボブボルマン式FXブログ

ボブボルマン式FXを実践するカタツの日記です

勝負師は生きるために勝たなければならない

      2017/06/22

「上達の法則」という本を最近読んだのだが、トレーダーとして興味深いことが書いてあったので紹介する。

ある将棋番組で木村義雄十四世名人、大山康晴十五世名人、十六世名人の襲名が決まっている中原誠名人の三人が対談していたことがある。

そのなかで司会者から「健康の秘訣はなんですか」と尋ねられた三人の答えが一致していた。

「将棋に勝つこと」だったのである。

みなさんこれを聞いてどう思われるだろうか?

私はこれこそ勝負師気質の表れだと思う。勝負師は勝負で勝つことでしか魂が救われない人種なのだと思う。生きるためには勝たなければならない。勝つためには命も賭ける。そうでなければ生きられないある意味で呪われた存在なのかもしれない。

かくいう私もそんな勝負師気質があるのではないかと自分で思っている。

FXも金持ちになりたいというよりも、この世界最大の戦場で勝ちたいという気持ちの方が強いのかもしれないと思う。負ければ悔しい、元気を失う。勝ったらうれしい、元気になる。

負けている自分が許せないから面倒くさくても勉強してしまう。なんだかまとまらないが、そんな意気込みでFXをやってます。

・・・

「上達の法則」を読んだ感想を以下の記事に書きました。興味のある人は読んでみてください。

「上達の法則」を読んだ感想

 - FX